和食もいいけど洋食もね!

和食の専門店での食べ方アレコレ

和食もいいけど洋食もね!
世間にはいろいろな専門店がありますね。
洋服の専門店、お菓子の専門店、雑貨の専門店にDIYの専門店…「専門店」は挙げだしたらキリがないほどにあります。
そして和食のレストランにも専門店と呼ばれるところがあります。
その中から、お寿司、麺類、天ぷら、うなぎの専門店での食べ方やマナーについてご紹介しましょう。
まずはお寿司です。
お寿司というとどうしても「回転寿司」を想像してしまうかもしれませんが、あらたまった席では回らないお寿司屋さんにいくこともあります。
この回らないお寿司屋さん、雰囲気が高級そうなので圧倒されてしまうかもしれませんが、そこまで緊張することはありません。
寿司屋のマスターはお客さんの食べやすさも考慮してメニューを作ってくれますよ。
食べ方のマナーとしては、醤油のつけ皿にご飯粒が残らないように、醤油をつけるときはネタにつけるようにすることです。
食べるときは箸でも手でもどちらでも問題はありません。
次に麺類、その中でもお蕎麦です。
お蕎麦の食べ方のポイントは、できるだけ早く食べることです。
出来たての風味を失わないうちに素早く食べます。
ただし、あまりにも豪快にすする音を立てて食べたりするのはNGです。
また懐石料理のひとつとしてお蕎麦が出てきた場合はすする音は立てないようにしましょう。
次に天ぷらです。
天ぷらの食べ方のポイントは、かじったらお皿に戻さないことです。
もしも何口かに分けて食べたいときは、あらかじめ箸できっておきましょう。
それが困難なものである場合は、口につけたら一気に食べてください。
最後にうなぎです。
うなぎは特に和食のレストランではフタつきで出てくることが多くあります。
このフタを外す時は丁寧に開けるようにしましょう。
雫は出来るだけ垂らさないようにするのがポイントです。
食べるときは重や丼を持って食べても問題はありません。
ただし、落とさないようにしっかり持ちましょう。
また、うなぎとご飯は同時になくなるように、きちんと調節しながら食べるのがポイントになります。
知っているようで知らない、和食のレストランの中でも専門店での食べ方、わかりましたか?
ちょっとした気配りが和食には大切になってきます。
作ってくれた人に感謝をしながら食べれば、それが自然とマナーになって現れてきますよ。
ぜひ、専門店に行ったときには、作ってくれた人に感謝をしながら、これらの食べ方のマナーを実践してみてくださいね?