和食もいいけど洋食もね!

日本食と、食生活に関する注意事項

和食もいいけど洋食もね!
洋食や中華料理、東南アジア料理などと比較して、和食のレストランで提供される日本料理の中には、肉類や油脂分が少なく、淡泊な味付けがほどこされていて、摂取カロリーの低いものが少なからず存在します。
そのような事情を考慮に入れると、糖尿病やメタボリックシンドローム、肥満などといった健康被害に悩まされている人が、日本食の良さを見直し、和食中心の食生活へと変更しようと試みるのもうなづけるところではないでしょうか。
ただし、和食では、味付けの基本として塩を使用する習慣があることから、日本食中心の食生活では、塩分の摂り過ぎになる可能性が低くありませんから、注意を払いたいものです。
それらのリスクを軽減するために、減塩などの謳い文句を使用したり、塩以外の調味料を代用したりした和食のメニューも少なからず見受けられます。
また、先ほど述べたのとは反対に、栄養失調症や痩せ過ぎなどといった症状を呈している人にとって、日本食を中心とした食生活では、カロリー不足に陥るリスクもありますので、気をつける必要があります。
それらの問題を解消するために、さまざまな種類の情報や知識を収集して、みずからの身長や体重、体脂肪率、ライフスタイル、生活サイクルなどと照らし合わせ、最適な栄養バランス、摂取カロリーを有する飲食物を摂取することが求められるでしょう。
特に、国際化が進行し、「飽食の時代」などと呼ばれることも多い昨今の情勢の中では、私たちの身の周りに、多様なバリエーションの料理、飲み物があふれ返っております。
そうした状況の中で、自身に最もふさわしい種類の飲食物を、必要にして充分な量だけ摂取するのは、それほど簡単なことではないかも知れません。
しかしながら、物資や食糧が不足していた貧困の時代、もしくは飢餓や食糧難、水不足にあえいでいる国々、地域のことを考えれば、そういった問題は贅沢な悩みと言うより他にありません。
そういった貧しい食生活を送っている人たちに食料や物資を提供したり、これから先、訪れるかも知れない貧困の時代に備えたりするために、いたずらに飲食物を廃棄したり、食べ過ぎたり、飲み過ぎたりすることは慎まなくてはいけません。
また、そのような不適切な食生活を送っていると、先述のように、身体に悪影響を及ぼす可能性が低くないばかりか、無駄な経費がかさんで、家計を圧迫するなど、金銭的な問題が生じるリスクもありますから、注意を要します。

おすすめ情報